アグネ技術センターHOME   会社案内 |  測定・分析部門 |  お問合わせ |  注文方法 |  サイトリンク | 

TOP 新刊案内 書籍 雑誌 常備店
出版部門 TOP  >  書籍  >  結晶構造学 上級編


結晶構造学 上級編
結晶構造学 上級編
結晶物性学の理解をめざして

梶谷 剛 著

2015年4月30日 初版1刷
ISBN 978-4-901496-79-7 C3042
発行 アグネ技術センター
A5判・並製/ 192頁
定価 2,808円(本体価格 2,600円+税 8%)

→厚さ:12 mm,重さ:300 g

磁性体や半導体の物性を研究する上で不可欠な大学院レベルの結晶構造学を学ぶための書。実測した回折強度分布に基づく“直接法”や“Charge-Flipping 法”などの自動構造解析法についても紹介。章末の練習問題が実践的な知識の定着に役立つ。


[目次]

はじめに

第1章 結晶学の基礎
  1.1 3次元結晶の分類
  1.2 逆格子
  1.3 粉末回折
  1.4 並進対称性とLaueの定理
  1.5 晶系,点群,Centering types
  1.6 空間群,Space groups
  1.7 プロトタイプ
  練習問題

第2章 回転群と表現行列I
  2.1 回転操作と表現行列
  2.2 回転群の表現
    3m点群(C3v)の場合
    3m点群(D3d)の場合
    指標表の特徴
  練習問題

第3章 回転群と表現行列II
  3.1 既約表現と基底関数
    既約表現と可約表現
    可約表現の簡約化
    m3m(Oh)点群
    基底関数,basis function
    既約表現と選択則
  3.2 赤外線吸収測定とRAMAN分光測定
  練習問題

第4章 2次元結晶
  4.1 2次元系の例
  4.2 晶系
    2次元系の晶系
  4.3 逆格子の消滅則による分類
  4.4 2次元点群
  4.5 2次元空間群
  4.6 対応格子,Coincidence Site Lattice; CSL
  練習問題

第5章 磁気構造
  5.1 磁気モーメントの配列
  5.2 磁気構造の成り立ち
  5.3 磁性点群,Magnetic Point Groups
  5.4 白黒群,灰色群,Black and White groups, Grey groups
  5.5 磁気空間群,Magnetic Space Groups
  5.6 中性子回折による磁気構造の決定
  5.7 散乱長,bc
  5.8 磁気散乱
  練習問題
第6章 高次構造の解析
  6.1 高次構造の例
  6.2 電荷密度波,Charge Density Wave
  6.3 高次空間の結晶解析
  6.4 (3+1)次元空間群の解析
  6.5 変調波のある系の解析手続き
  6.6 (3+1)次元結晶の従う点群とArithmetic crystal class
  6.7 (3+1)次元群のBravais class(centering type)
  6.8 (3+1)次元空間群
  6.9 構造因子の求め方
  6.10 変調周期のある結晶の回折強度測定
  練習問題

第7章 二重群
  7.1 スピン行列の回転
  7.2 回転群の表現の指標
  7.3 ユニタリー系の指標
  7.4 二重群の指標表
  7.5 二重群の既約表現の基底関数
  練習問題

第8章 自動構造解析法
  8.1 データベースと自動解析プログラム
  8.2 直接法(Direct Method, DM)による構造解析
  8.3 直接法のプログラム,Sir2011(or later)
  8.4 Charge-Flipping法による結晶構造決定
  練習問題

  練習問題解答例

  索引

  あとがき

採用情報 |  著作権について |  個人情報保護 |  サイトマップ | 
株式会社 アグネ技術センター   〒107-0062 東京都港区南青山5-1-25 北村ビル
 TEL03-3409-5329(代表)/FAX03-3409-8237
© AGNE Gijutsu Center Inc., 2015-